軽トラの耐用年数と実際の寿命について メンテ次第では20万キロ以上も使用できる!?

軽トラ耐用年数 トラックの豆知識

基本的に軽トラの耐用年数は4年間と定められ、減価償却資産が利用に耐える年数の目安として扱われる仕組みです。

自動車やバイクなどの乗り物は購入した時点が資産価値があり、日が経つにつれ各部の部品の摩耗などが原因で価値が下がっていきます。基本的に軽トラは農業などで使われるものは4年ですが運送業の場合は3年と短く、使用する目的に応じて変わる傾向が強いです。

耐用年数は走行距離が長くなればエンジン各部の部品が摩耗しやすく、短くなるため同じものだと考えないようにする必要があります。

耐用年数は4年だけど実際の軽トラの寿命はどのくらい?

軽トラの寿命は基本的に走行距離が10万キロで年式が10年落ちが目安にする場合が多いようですが、最近の車は非常によく出来ていますのでメンテナンスをしっかりすると20年・20万キロでも使用することができます。

しかし、定期的なオイル交換を怠ったり、その他のオイル類の交換を行わないと故障などトラブルが起きやすくなるため注意が必要です。またラジエターの冷却水も定期的な交換を行っていないとエンジン内部の防錆効果が無くなり錆が発生しエンジンの調子が悪くなってしまいます。

寿命は過ぎてしまえば急にエンジントラブルが起きて動かなくなることや、ブレーキトラブルなどで事故を起こしてしまう可能性があるため調子が悪いと感じたらメンテナンスをすることが求められます。

耐用年数はあくまでも帳簿上の処理になりますが、実際には10年を超えて乗れるためメンテナンスを欠かさずにすると効果的です。

事業目的で使用する軽トラ 課税対象所得を減らし節税

節税イラスト軽トラを使う目的は事業を行うためで、経費の一部として確定申告をすると課税対象所得を減らせて節税になります。基本的に軽トラは一年限りではなく複数年使用するため、減価償却をして毎年少しづつの費用に分けると効果的です。

個人事業主や法人が軽トラを購入するとその金額が経費として扱うことができないため、耐用年数に応じて毎年減価償却費として計上することが求められます。

耐用年数を間違えて減価償却をすると税務調査が入った時に指摘され、場合によっては追徴課税を払わないといけないこともあり注意が必要です。

車の減価償却をする時は耐用年数を確かめ、対応する償却率で計算する仕組みになります。会計処理をする時は会計ソフトを使うと自動的に計算してくれるため、軽トラなどの経費を確定申告する際にも時間や手間を省けて便利です。

軽トラは耐用年数大幅にを超えると故障も多くなるため新しく買い替えることを考え、買い取ってもらうと資金にできるため費用を減らせます。査定金額は年式や走行距離によって決定しますが、業者によって違うため少しでも高く売れる方法を探す方法が望ましいです。

高く売りたい場合は複数の業者の査定金額を比較していることを交渉する際に伝え、納得ができる条件になるまで続けると買取価格が吊り上る可能性もあります。

中古車で購入する場合は再取得価額が50%を超えると法的耐用年数が設定され、経過年数の80%を差し引くとその車の耐用年数になることが特徴です。法的耐用年数をすべて経過している場合は法的耐用年数の20%に該当し、それぞれの違いを把握して計算する必要があります。

軽トラは事業の運営と関係があり固定資産として扱われるため、耐用年数に応じて費用化することが認められています。減価償却は毎年同額の償却費になる定額法と減少していく定率法があり、個人事業主は定額法のみ選べますが法人であれば最適な方法を選択できます。

減価償却費は確定申告で計上すると利益を減らして節税ができるため、1回で多くの金額にすれば効果が高いです。効率良く税金を減らしたい場合は値落ちしない車種を探す方法が望ましく、販売店でスタッフと相談して決めてもらうと安心できます。

軽トラは中古でも値落ちしない車種を探せますが、市場に出回っていないことが多く非公開車両として扱われることが特徴です。中古車を探す時はなるべく状態が良いものを選び、税額を減らすなど工夫すると有意義に使えます。

タイトルとURLをコピーしました